まさにコレ。恋愛と結婚の違いをズバッと一刀両断してくれた母のメモが鋭い

CmKVYPoUsAAZyohr 出典:twitter
今、Twitterで話題のツイート「恋人と夫婦」の違いを書いた母のメモをご存知でしょうか?結婚している方ならまさにコレ!と共感できるもので、まだ結婚していない人にとってもこれは知っていて損はないという14か条となっています!このメモ書きがTwitter上で多くリツイートされ非常に多くの反響を呼んでいます。


恋人と夫婦の違い14か条


1.「不安との戦い」と「不満との戦い」
恋愛期間中は確かに相手の動向に対して常に不安が付きまとう感じはありますよね。それに対して夫婦は「不満との戦い」、うまいこと言いますよね!確かにどうしても不満は出てきてしまいます。そこをどう乗り切るか、という戦いはずーっと続くわけですね!

この事をわかった上で、それでも一生添い遂げたいと思える人と結婚できるといいですね。

2.「ときめきをくれる関係」と「信頼と安心をくれる関係」
常にときめいていたい!これは誰しもが思うことかもしれません。しかし、結婚生活においてときめきだけでは厳しい。結婚生活で「信頼と安心をくれる関係」これこそが理想ですね!

それでも、ときめきがある関係で痛いですけどね。

3.「快楽」と「忍耐と寛容」
自分が楽しい、気持ちいいという関係が恋人同士、それだけではやっていけないのが”夫婦”、「忍耐と寛容」これは結婚生活において一番大切な要素になるのかもしれません。

「忍耐と寛容」というとつらいイメージがあるかもしれませんが、相手の為にこれらの感情を抱けるようになるというのがいい夫婦なのかもしれませんね。

4.「責任がない」と「責任がある」
こちらは単純明快!恋人同士には責任はありません。合わなければ別れればいい。しかし、夫婦はそう簡単にはいきません。いろんな責任が生まれます。しかし、この責任があるという事が夫婦生活においてプラスに作用するものであると思います。

これは、実際に体験してみないとわかりづらいかもしれません。言葉では簡単なのですが、実際夫婦となってみてこの責任の大切さに気付ける気がします。

5.「夢」と「現実」
恋人同士の付き合いは本当に夢のような世界ですよね!夢だけで一緒にいることが出来ます。しかし、夫婦は現実です。一緒にいろんな困難を乗り越え、現実を一緒に作っていくのです。

現実を一緒に戦う夫婦は、恋人であり、ある種戦友のようなものかもしれませんね。

6.「他人」と「家族」
恋人の時は”他人”だった人が夫婦になると”家族”になります。言葉だけではなくいろんな面で”他人”と”家族”の違いは現れてきます。

”他人”が”家族”になる事はとっても神秘的!素敵な家族を気付いていきたいですね!

7.「気持ちのつながりだけで一緒にいられる存在」と「相手の周りにあるもの全てを受け止める覚悟をした存在」
これは深いですよ!実際に夫婦にならないとなかなか理解することは難しいかもしれません。恋人は一個人としての付き合いでいいのですが、夫婦となれば、相手の周り例えば、相手の家族や友人関係、癖や病気など、全てを受け入れる覚悟が必要なんです。

恋人から夫婦になる際に最も考える要素の一つかもしれませんね。

8.「点」と「線」
恋人はその場、その時を楽しく生きていくための”点”の存在、対して夫婦は一緒にこの先の道を作っていく”線”でなくてはならない。

「点」と「線」、なんだか違いの本質をバッチリ捉えたような言葉ですね!

9.「つのる情熱」と「あふれる愛情」
”つのる愛情”恋人の時は相手に対してどんどん感情が募り、爆発する事もしばしば、一方夫婦は”あふれる愛情”、相手のことを思う気持ちという部分では同じなのですが、愛情というのは募るものではなく自然とあふれ出るもの。「無償の愛」自分のしてあげたことに対しての見返りを求めているうちは、まだまだ”愛”ではないのかもしれませんね。

「あふれる愛情」を持つことの出来た夫婦はきっと一生添い遂げることが出来るでしょうね。

10.「相手に完璧を求めること」と「相手が不完全であることを認めること」
恋人の場合は自分本位の考えになりがち、自分に合う相手を探しています。しかし、完璧な人間はそうはいません。夫婦は「相手が不完全であることを認めること」この事をわかっていると、相手の事をより愛することが出来るかもしれませんね。

恋人の段階では「相手に完璧を求めること」はいけないことではないと思います。その末に「相手が不完全であることを認めること」ができる相手が見つけられるんだと思います。

11.「幸せ気分を味わうもの」と「幸せをつくりだすもの」
恋人の時は「幸せ気分を味わうもの」なので沢山幸せを噛みしめましょう!そして、夫婦となったのなら、一緒に家族の幸せを作っていくものになります。

もちろん夫婦になってからも幸せ気分を味わう事は出来ます。更に一緒に作り出す喜びも感じられるのが夫婦ですね。

12.「お互いに見つめあうもの」と「同じ方向を見るもの」
恋人時代は相手を見つめ視線はお互いを見つめ合い、夫婦は同じ視点に立ち、同じ方向を見つめ一緒に進むものですね。

これは、恋人の夫婦の違いをよく表していますね。

13.「休日娯楽」と「日常生活」
週末は彼女彼氏と、休日の度にデートして楽しく過ごす恋人、夫婦の生活はむしろ日常生活の時の方が圧倒的に長い時間を共にします。楽しいばかりの「休日娯楽」とは違い、何ともない「日常生活」、これが夫婦にとっては大切になるんですね。

今日の夕食は何にしよう?そんなことを毎日考えなければならない夫婦生活、日常生活を円滑にするにはお互いに思いやる気持ちが大切です。

14.「自由な関係」と「運命共同体」
自由な関係、これは恋人同士の特権みたいなものですね。夫婦になったら運命共同体、自由で勝手な事ばかりしていては相手が大変です。

運命共同体、自分だけ良ければいいという考えではうまくいきませんね。


Twitterユーザーの”rie@ar_baby64”さんがお母さんにもらったこのメモ書き、これを読んだ人たちの共感を得て、非常に多くのいいねやリツイートを獲得しています。正に「その通り」という感じの内容に皆さん納得の様子。これを読んでみて、皆さんはどう思われましたか??


出典:twitter

CmKVYPoUsAAZyoh(1)
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加