永六輔さん死去…放送作家や作詞家として活躍「上を向いて歩こう」等ヒット曲多数

main 出典:twitter.com

作詞家として「上を向いて歩こう」などを手がけたほか、放送作家やタレントとしても幅広く活躍された永六輔さんが、今月7日に83歳で亡くなられていたことが分かりました。

出典:twitter.com

出典:twitter.com


各方面でマルチな才能を発揮

永さんは東京・浅草の出身で、学生時代にNHKのラジオ番組「日曜娯楽版」にコントを投稿したことをきっかけに、ラジオやテレビの番組を企画・構成する放送作家になりました。

その後、NHKの人気バラエティー「夢であいましょう」の台本を担当して高い人気を獲得したほか、作詞家として、日本を代表する名曲として知られる「上を向いて歩こう」や「帰ろかな」、「こんにちは赤ちゃん」などを手がけ、作曲家の中村八大さんとのコンビで次々とヒット曲を生み出しました。

Ciad3VHVAAEVWrr_R 出典:twitter.com

また、自身もタレントとしてテレビやラジオに出演し、軽妙な語り口と歯に衣着せぬトークで人気を集め、テレビ番組の司会など幅広く活躍されました。

平成6年に出版した著書「大往生」は、老いや病、死を巡るさまざまなことばを引用して独自の死生観を訴え、200万部を超えるベストセラーを記録しました。


近年はリハビリを行いながら精力的に活動

永さんは、平成22年にパーキンソン病と前立腺がんを患っていることを公表。以降は、リハビリを行いながら精力的にラジオのパーソナリティや講演活動を継続。東日本大震災の際には被災地に足を運び、被災者の声に耳を傾ける活動にも取り組まれました。

出典:twitter.com


業界から惜しむ声が続々と…

永さんのマルチな活躍ぶりを示すかのように、多方面から惜しむ声が寄せられていました。

出典:twitter.com

出典:twitter.com

出典:twitter.com

出典:twitter.com


(ネットユーザーからも様々な声が寄せられる)

出典:twitter.com

出典:twitter.com

出典:twitter.com

出典:twitter.com


テレビ界の草創期から業界を牽引され、時代を超えて愛される数々のヒット曲を生み出した永六輔さん。心からご冥福をお祈り申し上げます。



出典:www3.nhk.or.jp / news.yahoo.co.jp

main
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加