“水素を発生するパック型入浴剤”でやけど発生事例 国民生活センターが注意喚起

main 出典:twitter.com

「水素を発生するパック型入浴剤」でやけど発生事例があるとして、国民生活センターが注意喚起するなど話題となっているのでご紹介します。

出典:twitter.com

NHK生活・防災の公式アカウントもツイートで注意を呼びかけ。

出典:twitter.com

水素を発生するパック型入浴剤でけがをするケースが起きているとして、国民生活センターは7月21日、注意を呼びかけています。2016年5月末までの5年間で、子どもがやけどするなど、けがを負った報告が7件あるそうです。

WS000000_R 出典:www.kokusen.go.jp

国民生活センターによる注意喚起の詳細はこちらでご確認ください。


手ですくい上げたところ、やけどを負った

入浴剤は、「自宅で手軽に水素浴が楽しめる」などいうキャッチコピーなどで市販されています。酸化カルシウム(生石灰)やアルミニウムが配合されたものが水と反応して水素を放出する仕組みを使った商品の場合、化学反応に伴って高熱を発するため、専用のパック容器に入れて使う形になっているといいます。

出典:twitter.com

国民生活センターによると、女児(7歳)が入浴剤を浴槽内のお湯に落としてしまい、慌てて手ですくい上げたところ、やけどを負う事故があったといいます。また、入浴剤を湯船に入れたら泡が出て「湯温より高温になり驚いた」とい事例も報告されているそうです。


入浴剤の表面が90度程度の高温に

同センターがパック型の市販品6銘柄を調査。その結果、全銘柄で、湯につけてすぐに入浴剤の表面が90度程度の高温になり、長いもので約3分間持続したといいます。

ケースの表面や周囲のお湯は高温にならなかったそうですが、パックを湯に入れてすぐに取り出すと、入浴剤から発生した高温の蒸気に触れたり、パックのすき間から子どもの指が入って入浴剤に触れてしまうことで、やけどを負うおそれがあったそうです。


(寄せられていた声)

出典:twitter.com

出典:twitter.com


同センターは消費者に対し、入浴剤をお湯に入れたら直接触れたり、湯に入れた直後に取り出したりしないよう呼びかけています。使用する際には十分な注意が必要ですね。



出典:www.kokusen.go.jp / headlines.yahoo.co.jp

main
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加