こんな青春したかった!高校生1000人の想いが溢れる友情サプライズにもらい泣き

Sponsored Content
22773_main
高校野球が始まると、「ああ、夏がきたな」なんて実感します。

厳しい練習を乗り越え、大会に出場する選手たち。その陰には誰よりも大きな声でエールを送り、心の支えとなってくれる応援団の存在があります。

22773_11
千葉県にある成田高校では、吹奏楽部や応援団、チアリーダーが「応援委員」となり、夏の大会を控える仲間たちに、精一杯のエールを送る「部活動壮行会」が毎年行われています。

22773_20

本当に一生懸命やっていて「尊敬する」、その一言です


生徒たちからはこんな声も聞こえてくるほど、手を抜かず、声が枯れるまで、日々誰かのために練習を重ねる応援委員。その姿に、多くの生徒たちが「ありがとう」の気持ちを伝えたいと考えていました。

応援している側にも、ちゃんと応援してくれる人がいることに気づいてほしい


今までの応援の恩返しがしたい!そんな感謝の気持ちを込めて、1000人の生徒たちが動き出しました!


全校生徒1000人のサプライズ


部活動壮行会の約3週間前、「ありがとう」の気持ちを伝えるため、クラスメイト数名でサプライズメンバーを結成。声と音と光で感謝の気持ちを送る、サプライズエールが計画されます。

22773_19
練習時間も少ない中、慣れない練習を続ける生徒たち。

上手くいかず、焦りを感じることもありましたが、新たな仲間も加わりパフォーマンスは徐々に完成していきます。

22773_14

応援委員にいつも応援してもらっているので、今度は私たちが気持ちを込めて返します


学生らしい真っ直ぐで熱い想いで迎えた、部活動壮行会当日。しっかりと気持ちを伝えることができるのかと、緊張した面持ちで応援に臨みます。

22773_16
部活動壮行会が終わると、応援委員の後ろからサプライズメンバーが登場!

彼らが足を踏み鳴らすと体育館は真っ暗になり、全校生徒1000人の両腕に着けたライトが一斉に光を放ちます!

22773_13
一面の光の中、サプライズメンバーの足踏みと手拍子で贈る、壮大なエール。

全校生徒から湧き上がる歓声と拍手に、応援することに慣れている応援委員も、初めての自分たちへの応援に、うれし涙を流してしまいます。

22773_05
22773_21
みんなの感謝の気持ちは、しっかりと伝わったようです。

応援するのも気持ちいいですし、気持ちが伝わったときって本当に嬉しい


応援することの大切さや嬉しさを実感した学生たち。一度しかない高校生活に、とびきりの『青春』が刻まれたようです。

22773_08
誰かのために頑張る、純粋な姿を見ていると、こんな『熱い』高校生活をもう一度送ってみたくなります。

2016年の夏は、今しかありません。かけがえのない、ぜったい、いい『夏』を心に刻みたいですね!

22773_09
カルピスウォーター サプライズ★エール


提供:アサヒ飲料株式会社

cvn_logo

22773_mains
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加