「意外と日本って大きいね」各国の“実際の大きさが分かるサイト”で比較してみた

main 出典:thetruesize.com


「意外と日本って大きいね」「中国とロシアって思っていたよりも差がなくない?」


各国の“実際の大きさが分かるサイト”が話題になっているのでご紹介します。世界地図を見ると、日本は小さな国という印象ですが、このサイトを使って他の国と比較してみると意外と大きいことが分かります。

そのサイトというのがこちら。「The True Size Of…」という名称のサイトです。アメリカの化学技術者らの開発によるものとのことで、世界各国の実際の大きさが分かるといいます。使い方は簡単。どこかの国名を入力すると、その国の線画が出てきます。あとは線画をドラッグして比較したい国と重ねたり並べてみたりして見比べるだけです。

日本を他の国と比べてみる

まずは日本を他の国と比べてみます。

たとえばアメリカ。このように横に並べてみるとどうでしょうか。意外に日本って大きいのだな…と思わせられます。
WS000001_R 出典:thetruesize.com

日本をドラッグしてヨーロッパの方にもっていきます。すると、このような感じに…。今までのイメージからすると、日本がかなり大きいと思いませんか?
WS000000_R 出典:thetruesize.com


他の国でも試してみると…

オーストラリアや中国をロシアと重ねて比較してみると、それぞれの国とロシアとの国土の差が思っていたよりもありません。

WS000002_R WS000003_R 出典:thetruesize.com


なぜ、こういうことになる?

私たちがよく目にする四角い世界地図は、1569年にフランドル(現ベルギー)出身の地理学者ゲラルドゥス・メルカトルが発表したメルカトル図法を用いて作られています。しかし、この場合には球体の地球を平面に表現する過程でゆがみが生じ、実際の形や面積とは少し異なる部分が出てくるといいます。

北極や南極といった極地に近くなればなるほど、形が横に伸びていき、その分で形が少し変わったり面積が実際よりも大きくなるとされています。

img63042266_R 出典:item.rakuten.co.jp


メルカトル図法を用いた地図では分からない実際の国の大きさを多くの人に知ってもらうために、このサイトが作られたそうです。ぜひ「The True Size Of…」で色々な国と国を比較してみてください!



出典:thetruesize.com / ja.wikipedia.org

main
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加