「織田信長が可愛らしく見える」電車のマナーを伝える近鉄の車内広告が話題に!

main 出典:twitter.com


「織田信長が可愛らしく見える」「織田信長っぽくないな」電車のマナーを伝える近鉄の車内広告がユニークだと話題になっているのでご紹介します!


織田信長といえば、歴史上でも特に有名な人物の一人として挙げられますよね。
e5c25af1eec35088e88b1e008d2bb944-e1408846747612_R 出典:nekomarimo.com

そんな織田信長が、こんな事になっていました。

出典:twitter.com

あら、鞄を膝の上で抱える織田信長の可愛らしいこと。

織田信長といえば、「 鳴かぬなら 殺してしまえ ほととぎす」とも表現されるように、どこか冷酷なイメージだったり、豪快なイメージをお持ちの方も多いかと思いますが、この広告においての信長は、肩衣を折って隣に座る人に迷惑をかけないようにしています。織田信長のイメージとは違いますね。「信長でさえも、電車の中では周囲に気を配っているのですよ」として、電車内でのマナーを訴えているのでしょうか。

また、織田信長の行った政策「楽市楽座」にかけて、「楽人楽座」。このように座れば、より多くの人が座れて楽になるという意味だと思いますが、表現が秀逸ですね!


(寄せられていた声)

出典:twitter.com

出典:twitter.com

出典:twitter.com


織田信長のイメージを活用した電車内のマナーを呼び掛ける広告。つい目を奪われてしまいそうですし、効果がありそうですね!

ちなみにFunDoでは過去に「筆が吊ってある!?」阪急電鉄の車内で見つけた中吊り広告が斬新すぎると話題に!という記事も書いています。こちらの広告もユニークなので、ぜひチェックしてみてください!



出典:twitter.com

main
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加