「障害者を描くのに感動は必須か?」NHK“バリバラ”が“24時間テレビ”と同日放送でガチンコ対決

image-89r 出典:neta-a.com
毎年日本テレビが総力を挙げ取り組んでいる番組「24時間テレビ」愛は地球を救うをテーマに行われるチャリティ番組です。「福祉」「環境」「災害復興」の3つに集められた募金は全額寄付されます。今年の24時間テレビの放送は8月27、28日、一方NHKが2012年から放送を開始した障害者のための情報バラエティー番組「バリバラ」は28日の放送を生放送とし、「【生放送】 検証!「障害者×感動」の方程式」という企画をぶつけてきた。頑張る障害者の姿を通し感動を与えてきた24時間テレビへの宣戦布告ともとれるこの企画に注目が集まっています。

バリバラとは?

BariBara_06r 出典:greenz.jp
”バリバラ”とは「バリアフリーバラエティ」の略で、番組コンセプトは「感動するな笑ってくれ!」という事で、日本初の障害者のためのバラエティ番組となっている。障害者が自らの障害をネタに笑いに変えるような内容になっており、涙を誘ったり、「障害者=感動」という今までのテレビの常識を覆す番組なのです!

このような内容の番組なので、同じように障害者を出演者とする24時間テレビとは対極のような番組です。

直接対決??

今回の注目される両放送は、どちらも生放送、しかも「バリバラ」は、「24時間テレビ」のフィナーレの時間に放送時間をぶつけてくるという構図!この構図にTwitterでも注目が集まっている。

▼バリバラのTwitter


▼このツイートに対する反応


24時間テレビを批判する意見が目立ちますが、決して24時間テレビが悪いわけではないはずです。チャリティで様々な障害者支援をしている事実もありますし、障害者で感動を呼ぶことが悪い事ではないと思います。

しかし、「バリバラ」の様に、障害者が健常者と同じように自ら笑いを取りに行くというスタイルも自然で良いと思います。しかし、障害者の方が皆自分の障害をネタに笑いに変える事が出来るわけではありません。

ただ、この機会に皆さんの障害者の方に対する考え方を改めて考えるいい機会ではいでしょうか?どちらが正しいという事ではなく、一人一人が考えることが大切かもしれませんね。


出典:headlines.yahoo.co.jp / www6.nhk.or.jp / twitter

24zikan-001-300x206-horzr
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加