日本体操男子団体が悲願の金!内村「めちゃめちゃ重たい。仲間と取る金メダルは違う」

mainmain 出典:twitter.com


「めちゃめちゃ重たい」「仲間と取る金メダルはやっぱり違いますね」

リオデジャネイロ五輪で体操男子団体の決勝が行われ、日本が悲願の金メダルを獲得しました!

出典:twitter.com

リオデジャネイロ五輪は第4日の8日、体操男子団体の決勝が行われ、日本が悲願の金メダルを獲得しました。この種目での優勝は2004年アテネ大会以来12年ぶり。2位はロシア、3位は中国でした。

出典:twitter.com

前々回の北京五輪、前回のロンドン五輪と連続で銀メダルに甘んじた日本は、ロンドン大会個人総合金メダルの内村航平を主将に、加藤凌平、山室光史、田中佑典(いずれもコナミスポーツ)、白井健三(日体大)の布陣。日本はあん馬からスタートし、3連覇を狙った中国の演技にミスが出る中で、同じ演技順のロシアとトップを争う展開になりました。

5種目終了時点で日本がトップに立ち、2位のロシアとの差は0.208点。最終種目の床運動で日本は白井、加藤、内村の順で登場し、いずれも安定した演技を見せ、ロシアや鉄棒が最終演技だった中国を引きはなしました。


すべての種目で高水準の演技…内村がチームを牽引

内村選手は全6種目に出場。すべての種目で高水準の演技を披露し、チームを牽引しました。個人よりも種目別に気持ちを傾けて臨んだ今大会での悲願達成。「北京、ロンドンとメダルを取ってきて、一番重たい。それプラス、ぼくたちの頑張りというよく分からないものも入っているので、倍以上に感じていると思います」と語り、喜びを爆発させました。


(寄せられていた声)

出典:twitter.com

出典:twitter.com

出典:twitter.com

出典:twitter.com

出典:twitter.com


次は2連覇がかかる個人総合が控えていますが、「今は何も考えられないです」と内村選手。今は悲願を成就させた喜びでいっぱいでした。体操男子団体での悲願の金メダル獲得、本当におめでとうございます!

main
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加