「申し訳ない…」 銅メダル獲得でも謝る日本の柔道選手の発言がネット上で物議

main 出典:twitter.com


「申し訳ない気持ちでいっぱい」

銅メダル獲得後、日本の柔道選手の口から度々出る謝罪の言葉。柔道にはどことなく「金メダルでなくてはダメ」というような空気があるように感じます。これは、過去の五輪でも同様。今回、この発言をめぐり、ネット上でさまざまな意見が飛び交っています。


今大会でのメダル第1号になった柔道女子48キロ級の近藤亜美選手(21)は、2016年8月6日の3位決定戦で勝利して銅メダルを獲得したものの、「申し訳ない気持ちでいっぱい」と話ながら悔し涙を浮かべました。

出典:twitter.com

近藤選手の銅メダル獲得以降、日本の柔道選手は次々に銅メダルを獲得しました。しかし、柔道男子81キロ級の永瀬貴規選手(22)が「金メダルだけを狙っていた」と話していたように、どこかで柔道の母国であるがための宿命を背負っているかのような発言が散見されました。

これに対して、バルセロナ五輪の柔道女子銀メダリストの溝口紀子さんがツイートします。

出典:twitter.com

「銀じゃ銅じゃダメという価値観は、他のメダリストを侮辱することになる」と述べています。そして、それは引退して時間が経ってから気づいたとも…。この問題については、ネットユーザーからさまざまな声が寄せられていました。

出典:twitter.com

出典:twitter.com

出典:twitter.com

出典:twitter.com

出典:twitter.com

出典:twitter.com

出典:twitter.com

出典:twitter.com

出典:twitter.com


発言を肯定する意見、否定的な意見、さまざまな声が寄せられていました。しかし、オリンピックでのメダル獲得は個々の選手の努力の結晶であり、尊く素晴らしいものです。どんな色のメダル、結果であっても、自然と湧き上がる選手たちの感情に私たちは心を打たれます。

とはいえ、柔道には他の競技にはない独特の空気があるのだと思います。それが良いか悪いかは難しい問題です。



出典:news.livedoor.com / twitter.com

main
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加