「きっと天国でもずっと一緒」63年間連れ添った夫婦が同室で20分違いに逝く

mainm 出典:simpleso.jp


63年間連れ添った夫婦が、同室でわずか20分違いに逝くという出来事があり、話題となっているのでご紹介します。

出典:twitter.com

米・サウスダコタ州の老人ホームに入居していたという80代の夫婦が、同室で同じ日にわずか20分間隔で亡くなりました。遺族は「神のなせる愛と慈しみの業だった」と話しているといいます。

ヘンリー・ディラングさん(86)と妻のジャネットさん(87)は63年間もの長きにわたって連れ添った夫婦だったそうです。アルツハイマー病を患っていたジャネットさんは、7月31日午後5時10分、老人ホームの居室で家族が聖書を朗読する中、静かに息を引き取ったといいます。

一方、夫のヘンリーさんは前立腺がんで闘病中だったそうです。ジャネットさんが亡くなったことを受けて、息子が「お母さんが天国へ行ったよ」「もうこれ以上頑張らなくていい、もしそう望むのならお母さんの所へ行ってもいいから」とヘンリーさんに声をかけたそうです。

header_sub_R 出典:rvmfm.net

すると、その息子の言葉に安心したかのように、ヘンリーさんは、わずか20分後の午後5時30分に亡くなったそうです。家族によると、最期に目を開けて、妻の方を見ていたといいます。


(寄せられていた声)

出典:twitter.com

出典:twitter.com

出典:twitter.com

出典:twitter.com

出典:twitter.com

出典:twitter.com


ご夫婦の愛の深さが伝わってきますね。ヘンリーさんに対して息子さんがかけた言葉にも胸がつまります。ヘンリーさんとジャネットさんは、きっと天国でもずっと一緒ですね。



出典:www.cnn.co.jp / twitter.com

mainm
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加