水揚げしたら“青く光るロブスター“が混ざっていた! 200万分の1の確率らしい

main 出典:www.bostonglobe.com


捕れるのは約200万分の1の確率という、青く光るロブスターが水揚げされて話題となっています!

水揚げされたのは米・マサチューセッツ州。ロブスター専門の漁師ウェイン・ニッカーソンさん(35才)が8月8日に水揚げした際に混じっていたそうです。


出典:www.facebook.com

朝、網を引っぱった際に、緑がかった茶色のロブスターの中に、今まで見た中でも最も青い、アジサイよりも鮮やかな青色のロブスターを発見したそうです。その場に居合わせたニッカーソンさんの奥さんはその時の様子をこう話しています。

そのロブスターは、ほとんど蛍光色のように光り輝いていました。



米・ニューイングランド水族館の広報担当トニー・ラカス氏によると、このようなロブスターが捕れる確率は200万分の1であり、非常に稀なことだそうです。さらに、今回発見された青いロブスターは、レストランで提供されるロブスター(約450~550g)の約2倍程度の重さ(約1kg)があるといいます。

ちなみに、ニッカーソンさんは、1990年にも青いロブスターを捕ったことがあるようで、今回が初めてではないとのこと。


ツアー中の子供たちにお披露目

Blue20Lobster20children-11689[1]_R 出典:www.bostonglobe.com

ニッカーソンさんは船で桟橋に戻ると、ロブスターテイルズと呼ばれるツアーボートに連絡を入れます。どうやら、そのボートには子供たちがたくさん乗っていたようで、珍しい青いロブスターを一目見せてあげたかったそうです。

青いロブスターを見た子供たちは、大喜びしていたといいます。ちなみに青いロブスターは攻撃的なこともあり、現在は他のロブスターとは分離し、特別な水槽の中にいるそうです。今後は、海洋生物学者のもとに引き渡される予定だそうです。

WS000000_R 出典:www.bostonglobe.com

めったに見ることのできない青いロブスター。たまたまツアーで来ていた子供たちはラッキーでしたね!



出典:www.facebook.com / www.bostonglobe.com

main
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加