「ウチムラは史上最高の体操選手」元体操女王“白い妖精”コマネチさんが称賛

main 出典:twitter.com


圧巻の演技により、2大会連続で個人総合の金メダルを獲得した内村航平選手に対して、モントリオール五輪で3つの金メダルを獲得し、“白い妖精”と称された元体操女王のナディア・コマネチさんが最大級の賛辞を贈っています。リオデジャネイロオリンピックの公式サイトで述べていました。


コマネチさんは、1976年に14歳でルーマニア代表として出場したモントリオール五輪で、段違い平行棒の演技が世界初の10点満点を出したほか、個人総合と種目別で3つの金メダルを獲得。純白のレオタードが似合う可憐な容姿や見事な技が世界中のファンを魅了し“白い妖精”とも称されました。

fsefers_R photo_R 出典:sekaiiasn21.blog.eonet.jp

この他にも自由の平均台、段違い平行棒など計7回の10点満点を出し、個人総合と種目別で3つの金メダル、団体で銀メダル、ゆかで銅メダルを獲得しました。その体操界のレジェンド、コマネチさんが内村選手に最大級の賛辞を贈っています。


出典:twitter.com


こちらが現在のコマネチさん。現在も素敵な方ですね。糸井重里さんも現在のコマネチさんを見ることができ、感激されている様子。

出典:twitter.com


ロンドン五輪の際には「史上最高というには時期尚早」と意見も…

リオ五輪の公式サイトによると、コマネチさんは、内村選手が2012年のロンドン五輪で個人総合金メダルに輝いた際は「最強というには時期尚早」としていたそうです。しかし、今大会で史上4人目の連覇を成し遂げた後は、「議論は終わった」とし、「ウチムラは史上最高」と最大級の賛辞を贈りました。

コマネチさんはその理由を、今回の五輪での金メダルだけでなく、8年間にわたって五輪と世界選手権で負けなかったことを挙げています。

出典:twitter.com

また、ウクライナ代表のオレグ・ベルニャエフに0.099点差で逆転勝利した決勝を「五輪の体操史上最高の争い」と振り返り、次のように語っています。

今回、5~6人の選手に金メダルのチャンスがありました。だから、ウチムラは最後の鉄棒でリスクを取る必要があったのです。しかし、そのとてつもないプレッシャーの中で披露した演技は、本当に本当に素晴らしいものでした。彼がマットに着地した際に、少しでも体がグラつけば、金メダルを逃していましたね。でも、彼の着地はピタリと止まって、美しく、素晴らしかった。


出典:twitter.com

コマネチさんは、内村選手の演技についてこうも語っています。

彼の体操はアメージング。彼の出来栄えを見て、欠陥がさっぱり見当たらないことがあるわ。一つもね。



世界の舞台で常に最高の演技を続け、次々に偉業を成し遂げていく内村選手。個人総合2大会連続の五輪制覇を成し遂げて以降、世界中からいまだ称賛の声がなりやみません。伝説の続きを、これからも見届けていきたいと思います。



出典:www.rio2016.com / sekaiiasn21.blog.eonet.jp

main
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加