2017年は“酉年” 毎年、変化が話題になる年賀状の絵柄が発表! 今回は逆戻り!?

main 出典:twitter.com


毎年、その変化の内容が話題になる年賀状の絵柄。2017年は酉年ですが、その絵柄が発表されて話題となっています!

CrK99DUUIAAqYrK_R 出典:twitter.com

絵柄の変化について過去を振り返ると、2003年の年賀はがきのひつじはマフラーを編んでいますが、2015年のひつじはマフラーが完成していました。また、2004年の年賀はがきで温泉につかっていたお猿は、2016年には親子になって温泉につかっており、横に置いてある桶も2つに増えていました。

そして、2005年の年賀はがきは鶏でしたが、2017年は卵!?になっています。今回はこれまでとは逆に、時間が戻るパターンなのでしょうか。


ちなみに、こちらは絵入り[寄附金付]全国版。
WS000000_R 出典:www.post.japanpost.jp

通信面は、卵の黄身をヒヨコに見たてて明るいタッチで描かれています。料額印面の卵の影は、マイクロ文字による賀詞(あけましておめでとうございます)で表現されているそうで、ルーペで見られるそうです。

全デザインはこちらでご確認いただけます。


(寄せられていた声)

出典:twitter.com

出典:twitter.com

出典:twitter.com

出典:twitter.com

出典:twitter.com

出典:twitter.com


「鶏が先か?卵が先か?」という意見が挙がっているように、12年越しの変化を検証されている声や「ツイッターのアイコンに見える」という声が多く寄せられていましたが、確かにそう見えなくもないですね!


また、FunDoでは、冒頭でも触れた過去の絵柄に関する記事も書いていますので、併せてチェックしてみてください。

日本郵便スゴい!年賀はがきの“ひつじ”が12年越しに成し遂げたあることが話題に!

2016年の年賀状の絵柄発表!”12年前のお猿さんにある変化”があり話題に!


ちなみに、年賀はがきの購入等についてはこちらをご確認ください。お気に入りのデザインを探してみてください!



出典:yubin-nenga.jp / www.post.japanpost.jp

main
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加