「スケールが壮大すぎる」クイーンの“フレディ・マーキュリー” が小惑星の名前に!

main 出典:twitter.com


生誕70年記念を記念し、クイーンの「フレディ・マーキュリー」 が小惑星の名前になったことが世界中で大きな話題となっています!

国際天文学連合の小惑星センターは9月4日、英・ロックバンド、クイーンのボーカルだった故フレディ・マーキュリーが5日に生誕70年を迎えたことを記念して、没年の1991年に発見された小惑星を「フレディマーキュリー」と名付けました。

出典:twitter.com

出典:twitter.com

命名されたのは、火星と木星の間の軌道を公転している「小惑星17473」で、大きさは直径約3.5キロだといいます。

小惑星の反射能は0.3アルベドで、太陽光など外部からの光をあまり反射せず、地球から観測するには非常に大きな望遠鏡が必要とのことです。この命名を呼びかけていたという※天体物理学者でもあるクイーンのギタリスト、ブライアン・メイさんは、「世界におけるフレディの傑出した影響力が認められた」と喜びを表していたそうです。

※メイさんは2007年、ロンドン・インペリアル・コレッジで天体物理学の博士号を取得。


(寄せられていた声)

出典:twitter.com

出典:twitter.com

出典:twitter.com

出典:twitter.com

出典:twitter.com

出典:twitter.com

出典:twitter.com


ツイートにもありますが、確かに2つ目のマーキュリーともなりますね。それにしても、生誕70周年を記念して小惑星の名前になってしまうなんて、とんでもないスケールですね!



出典:headlines.yahoo.co.jp

main
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加