これはヒドい!加藤一二三 九段が英訳されるととんでもないことに!

hifumin-01r 出典:shinbishika-guide.com
将棋界の人気者”加藤一二三”九段。現在はバラエティー番組にも多く出演している加藤九段ですが、独特のキャラが人気を博していますよね!
日本将棋連盟のwebページでは、棋士の情報なども見れるようになっています。ご丁寧にサイト右上にはサイトの言語を翻訳できるGoogle翻訳の機能付き!しかし、この機能を使い英語に翻訳してみると、人気者の”ひふみ”さんがとんでもないことに!!

日本将棋連盟のページ

▼この様に、言語の選択が可能!
catsr 出典:shogi.or.jp

▼早速英語にしてみると・・・。
2r 出典:shogi.or.jp
もう既に、”佐藤天彦”名人の表記がおかしなことに!!”Sato Ten彦”って誰よ!?”アマヒコ”が ”Ten彦”に!他にもよく見ると、名前変わってる人がいます!”郷田真隆(ゴウダマサタカ)”王将の名前も”ShinTakashi”。。。

▼我らが”ひふみ”さんは?
3r 出典:shogi.or.jp
で、でた~!!
4r 出典:shogi.or.jp
”one hundred twenty-three”って・・・。そこ、数字じゃなくて名前なんですけど・・・。そんな名前の人いないよ。この翻訳を見た海外の人はいったいどう思うのでしょうか?やっぱり棋士になると不思議な名前の人がいるもんだって思うのかな??

ページはリニューアルされたばかりらしいのですが、この翻訳はなかなか酷いですね!でもお陰でちょっと楽しめました!日本将棋連盟のページで誤表記を探すのちょっと楽しいですよ!日本将棋連盟さんありがとうございました!

出典:shogi.or.jp

hifumin-01r
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加