駅の混雑度が視覚的に分かる! 「駅視-vision(エキシビジョン)」を東急で導入!

main 出典:twitter.com


駅の混雑度が視覚的に分かる「駅視-vision(エキシビジョン)」という配信サービスが正式に導入(実証実験は行っていたため)されることになり話題となっています!

東急電鉄と日立製作所は9月15日、駅構内の様子を配信する「駅視-vision(エキシビジョン)」を、東急線60駅で10月上旬から正式に開始すると発表しました。駅の混雑度が、アプリを活用することで視覚的且つタイムリーに把握できるようになるといいます。

出典:twitter.com

駅構内のカメラで取得して加工処理された画像を、スマートフォン向けアプリ「東急アプリ」などに配信。ダイヤが大幅に乱れた時などに駅の混雑状況が把握できることから、迂回乗車や利用の見合わせなど行動判断の一助になることが期待されています。


駅利用者のプライバシーを保護するため、日立の技術により、人間はヒト型のアイコンに自動的に置き換えられます。日立は技術を提供し、データの管理など運用は東急電鉄が担当。
proxy_R 出典:twitter.com


実証実験で利用者から高い評価を得た

「駅視-vision」の実証実験は、これまでに武蔵小杉、日吉、三軒茶屋、二子玉川、溝の口、あざみ野の6駅で実施されていました。その中で配信が適切にできたこと、利用者から高い評価を得られたこと、運行支障時やイベント時など混雑が見込まれる際に多くの人に利用されている実績が確認できたこと等を理由として、正式に配信を始めることになったそうです。

出典:twitter.com

出典:twitter.com


60駅の画像配信を、10月上旬から「東急アプリ」で開始

前述した6駅に加え、10月上旬から長津田や綱島など60駅の画像配信を「東急アプリ」で開始。2016年内にはイッツ・コミュニケーションズとケーブルテレビ品川が提供するテレビ自動お知らせサービス「テレビ・プッシュ」においても開始する予定とのこと。さらに2018年度初頭までには、東急線全85駅(こどもの国線、世田谷線を除く)での配信を予定しているそうです。

(寄せられていた声)

出典:twitter.com

出典:twitter.com

出典:twitter.com

出典:twitter.com


駅の混雑度が、視覚的且つタイムリーに分かるのは便利ですね!今後の活用状況と広がりに注目したいと思います。



出典:trafficnews.jp / twitter.com

main
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加