約2万3000年前のものとみられる“世界最古の釣り針”が発見された! 沖縄の洞窟にて

mainmain 出典:museums.pref.okinawa.jp


「ロマンを感じる…」「こうして謎が解き明かされるとワクワクする」

約2万3000年前のものとみられる、世界最古の釣り針が沖縄の洞窟で発見されて話題となっています!


発見場所は沖縄・南城のサキタリ洞。世界最古とみられる釣り針が2個発見されたそうです。

出典:twitter.com

巻貝から作られたとみられる釣り針は、約2万3000年前のものと想定されています。他にも貝で作った珠や道具類に加えて、カニや貝を食べた跡が見つかったといいます。ちなみに、これまで見つかっている最古の釣り針は、少なくとも1万6000年前のチモールの釣り針と、約1万8000年前のパプアニューギニアの釣り針だったそうです。

出典:twitter.com

CsxYYzqXEAEuYbF_R 出典:twitter.com

CsxYZBdW8AUrSRT_R 出典:twitter.com

沖縄県立博物館・美術館などの専門家らで構成されている調査グループは、沖縄県南城市のサキタリ洞窟で発掘作業を行っていたとのこと。この周辺では、少なくとも3万年前から人間が住んでいたとみられています。

これまで9000年以上前に埋葬されたとみられる、ほぼ全身の人骨も、この地で見つかっているそうです。


出典:twitter.com


広い範囲で海洋技術が使われていた証拠か

今回の釣り針の発見によって、これまで考えられていたよりも広範囲で、初期の海洋技術が使われていたと推測できるといいます。

また、サキタリ洞窟に釣り針などを残した人々は季節毎に、定期的に洞窟を訪れていた可能性が指摘されており、モクズガニなどを食べた跡が大量に残っていることから、このカニが一番美味しい時期に合わせて移動していた可能性も指摘されているそうです。


(寄せられていた声)

出典:twitter.com

出典:twitter.com

出典:twitter.com

出典:twitter.com


遥か昔の人々の生活をイメージさせてくれる貴重な道具の発見は、ロマンを与えてくれますね!今後も新しい発見に注目していきたいと思います。



出典:twitter.com / headlines.yahoo.co.jp

main
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加