筋ジストロフィーと診断され43年間車椅子→筋無力症と判明し今では歩いてカフェへ

main 出典:twitter.com


「筋ジストロフィー」と診断され、43年間車椅子で生活していたポルトガル人男性が、実際は「筋無力症」と判明。今では歩いてカフェへ行くなど回復を見せていることが話題となっています。

50代でようやく歩行訓練を始められるようになったと、ポルトガルの新聞が25日に伝えたそうです。

出典:twitter.com

現地のジョルナル・デ・ノティシアス紙によると、同国南東部アランドロアルに住むルフィーノ・ボレーゴさん(61)は13歳の時、リスボンの病院で筋ジストロフィーと診断され、その後40年以上にわたり、車椅子の生活を余儀なくされていたといいます。

kaigo_R 出典:diaam-informatique.com


2010年、「筋無力症」であることが判明

しかし2010年、とある神経学者により、ボレーゴさんが実際に患っているのは筋肉が弱くなる「筋無力症」という別の病気であることが判明したといいます。

「筋無力症」は、ぜんそく薬での治療が可能。ボレーゴさんはこの診断からわずか1年後、治療のおかげもあり近所の行きつけのカフェに歩いて行けるまでになったといいます。ちなみに、年に2回の理学療法を受ける以外は、通常の生活を送っているそうです。

1751fe3b_R 出典:blog.livedoor.jp

同紙によれば、カフェのオーナーは「奇跡が起きた」と語っていたそうです。


1960年代、筋無力症はほとんど知られていなかった

筋無力症は1960年代、医療専門家の間でほとんど知られていなかった病気だといいます。ボレーゴさんはその事を考慮し、初診の病院に対して不信感は抱いていないとのこと。今では「とにかく人生を満喫したい」と語っているそうです。


(寄せられていた声)

出典:twitter.com

出典:twitter.com

出典:twitter.com

出典:twitter.com

出典:twitter.com


時代の問題もあるので、誤診とは言い切れないと思います。いずれにせよ、セカンドオピニオンの重要性を改めて感じる一件とも受け取れます。

また、43年間車椅子で生きてきたというボレーゴさんの時間は帰ってきません。ご本人もおっしゃってますが、これからの人生を満喫してもらいたいですね。



出典:www.afpbb.com

main
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加