「小学二年生」がついに休刊へ…91年の歴史に幕 残すは「小学一年生」のみに 

main 出典:sapic.hatenablog.com


91年の歴史を誇る小学館の「小学二年生」が休刊することが発表され、話題となっています。残すは「小学一年生」のみとなりました。

10月4日、小学館はリリースで休刊について言及。「この度、学年別学習雑誌『小学二年生』を2016年12月26日発売の2・3月合併号をもって休刊することといたしました」と発表しました。

出典:twitter.com


1925年の創刊以来、91年間の長きにわたって読者の支持を得てきた同誌。しかし、近年の子どもを取り巻く環境は大きく変化し、趣味嗜好が多様化している現在、読者のニーズに必ずしも合致しなくなってきたといいます。


こちらは1930年前後に発刊されたもの。歴史の長さを感じます。
a0285326_239522_R 出典:kogundou.exblog.jp


出典:twitter.com

「小学二年生」は72年のピーク時には110万部を超えていたそうですが、最新号は約6万部だったといいます。2009年の「小学六年生」を皮切りに、2010年には「小学五年生」、2012年には「小学三年生」「小学四年生」が既に休刊しており、今回の「小学二年生」の休刊を受け、残すは「小学一年生」のみとなりました。


こうした付録が付いていることも、魅力でしたよね。
IMG_8323_R 出典:sapic.hatenablog.com


(寄せられていた声)

出典:twitter.com

出典:twitter.com

出典:twitter.com

出典:twitter.com

今回、休刊という運びになったものの、小学館はリリースの中で、「出版事業にかける意欲はまったく衰えてはおりません。図鑑百科・創作読み物・学習まんがなど、さまざまな出版活動はさらに工夫を重ねて参ります」とし、「基幹雑誌である『小学一年生』は、これまで以上の魅力的な企画を満載して次年度以降も引き続き刊行して参ります」と結んでいます。

『小学一年生』を卒業した、小学二年生~四年生をメインターゲットとした全く新しい学習増刊シリーズを来春に立ち上げることも発表されており、今後の動向が注目されます。



出典:www.shogakukan.co.jp / www.sponichi.co.jp

main
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加