どうして書けるの?“インクが一生不要なペン”が発売

fd001536h

“インクが一生不要なペン”とは一体なぜ?と思ってしまうペン。このペンを発売したのはフェラーリのデザインで有名なピニンファリーナ社。イタリアの文具メーカーと提携してこの高級ペンを発売しました。

fd001536a
fd001536c
fd001536b

インクがないのになぜ書けるの?

この流線形をした細身の美しいペンはなんと、インクの詰め替えなど全くなしで永遠に書き続けられるという。なぜこんなことができるかというと、通常のペンだとインクが紙に転写され書くことができるが、このペンはイサーグラフと呼ばれる合金製のペン先が、紙との摩擦で酸化して跡を残す仕組みで書くことができます。

そのため、このペン1本さえあれば、延々続く写経どころか半永久的に書き続けることができます!価格は89ユーロ(約12,000円)。

<紹介映像>

スゴいですね!

出典:pininfarina.com

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事