本当にあったんだ!? ポチッと押したい! 脳内に「やる気スイッチ」が発見されて話題に!

main
出典:www.ashinari.com

「本当にあったんだ!?」「ポチッと押したい!」脳内に「やる気スイッチ」が発見されて話題になっているのでご紹介します!

慶応義塾大学と生理学研究所などの合同研究チームが、マウスの実験により、脳内にあるという「やる気のスイッチ」の部位を特定することに成功。研究の成果は科学誌「Nature Communications」(電子版)に2017年2月1日に発表されました。やる気がなくなる病気「意欲障害」の治療に役立つ可能性があるといいます。


出典:twitter.com

初めて「やる気」を維持する脳の部位を特定

同チームは、「意欲障害※」の患者が「大脳基底核・線条体」(運動のコントロールや行動を起こす時に報酬を計算したりする部位)という部位を損傷する事が多いことに着眼。

※認知症や脳血管障害など、脳神経および組織が損傷した患者にみられる。やる気がない状態。

同部位の働きをいつでもオン・オフできるように遺伝子改変したマウスを作りました。そして、線条体の機能のオン・オフを切り替えながら、レバーを押すとエサがもらえるという実験を実施。

20170201pressSano_2_R
出典:www.nips.ac.jp

線条体の神経回路のスイッチをオンにすると、正常なマウスと同様にやる気が持続。結果、レバーを押したといいます。一方、スイッチをオフにすると、やる気を下がっていき、最終的には動かなくなったそうです。

1_R
出典:www.nips.ac.jp

これまで、意欲障害の原因は明らかにされてきませんでしたが、今回の実験でやる気を維持する脳部位・細胞種を示すことができました。これからもこのモデル動物を用いて、意欲障害を改善する薬剤の研究を進めるそうです。今後の動向に要注目ですね!


出典:www.nips.ac.jp


関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事