何だこの楕円は!?「叡山電鉄」に神秘的な雰囲気がただよう斬新な観光用車両が登場!

main
出典:atpress

何だこの楕円は!?「叡山電鉄」に神秘的な雰囲気がただよう斬新な観光用車両が登場することが発表されて話題となっています!

叡山電鉄は、八瀬・比叡山へ観光でお越しのお客さま向けの観光用車両を平成30年春から運行することを発表しました。なんといっても見た目のインパクトがまずスゴイです。


出典:twitter.com

叡山電車の2つの終着点にある「比叡山」と「鞍馬山」。その山々の持つ神聖な空気感や深淵な歴史、静寂な空間から放たれる大地の気など、「神秘的な雰囲気」や「時空を超えたダイナミズム」といったイメージを「楕円」というモチーフで表現したそうです。

京阪グループでは2015年から2017年にかけた計画の中で「観光創造」を目標として掲げており、京都中心部から八瀬、比叡山を経由し、坂本、びわ湖に至る観光ルートを「山と水と光の廻廊<比叡山・びわ湖>」として、活性化に取り組んでいるといいます。

これまでにも、展望列車「きらら」の運行で利用者を楽しませてくれていました。

動画はこちら

出典:YouTube

動画はこちら

出典:YouTube

そして、今回発表された新しい観光用車両は700系車両1両を大幅にリニューアルし、主に八瀬・比叡山方面への観光用車両として来春からの運行を開始するとのこと。

2_R
出典:atpress

こちらは路線図。

3_R
出典:atpress

インパクト抜群の大胆なデザインの車両で、新しい京都の魅力が体験できそうですね!来春の運行が楽しみです。


出典:www.atpress.ne.jp / eizandensha.co.jp


関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事