7月31日は赤く輝く火星に注目!15年ぶりに火星が地球に大接近するぞー!

みなさん、2018年7月31日(火)は火星観望のチャンスが到来します!

それはなぜかというと、火星が地球に大接近するからなのです!!

大接近って、一体どのくらい近いの?

国立天文台によると、火星は約780日(約2年2ヵ月)ごとに地球に接近し、前回2016年の時は火星と地球の間の距離が7,528万キロメートルでした。

しかし今回は前回よりも近い5,759万キロメートルになるそうなのです!

▼ こちらは2018年の火星と地球の位置関係

火星と地球の間の距離が6,000万キロメートル以内になるのは、2003年の5,576万キロメートル以来で15年ぶりなんだとか。

こんなにも大接近するのは久しぶりなので、なんだかめちゃくちゃワクワクしますね!ぜひみなさん、この日は望遠鏡で火星を観察してみてはいかがでしょうか。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:国立天文台

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事