世界に誇る日本の大怪獣ゴジラが“星座”として認定される!理由もユニークだった

出典:NASA提供

世界に誇る日本の大怪獣ゴジラが“星座”として認定されて話題となっています!

ゴジラを星座として認定したのは、米航空宇宙局(NASA)と世界の研究機関からなる“フェルミ・ガンマ線宇宙望遠鏡”研究チーム。世界に誇る日本のゴジラが、またひとつ新たな勲章を手にしましたね!すごいことだと思います。

ガンマ線天体を線で結んだ22星座

ゴジラが認定されたのは、フェルミ・ガンマ線宇宙望遠鏡を搭載した観測衛星の打ち上げ10周年と、人間の肉眼で見える星の数に匹敵する3,000以上の天体を発見したことを記念して新たに作成された、「ガンマ線天体を線で結んだ22星座」になるそうです。

なるほど…こうして見ると、確かにゴジラの形ですね。放射熱線のように星が位置していることも素敵です。

出典:NASA提供

認定の理由は、ゴジラが放つ放射熱線!?

ちなみに、今回認定された理由は実にユニークなものでした。ゴジラが放つお馴染みの放射熱線が、「ガンマ線バースト※」と呼ばれる現象に似ていたからだそうです。

※ガンマ線バースト:高エネルギー天体(ブラックホールなど)の周囲で発生している、ガンマ線粒子がジェット状に光を放つ現象。

ちなみに、日々宇宙のどこかで巨大なガンマ線のバーストが発生しているといいます。NASAのホームページでは、以下のように記載されています。

ゴジラは映画界で最も有名なモンスターの1つに数えられ、日本の大衆文化の最も象徴的なシンボルである。 

ゴジラのトレードマークとして放射熱線がある。 

これは、ブラックホールと中性子星に関連する「ガンマ線バースト」と類似している。 

フェルミ(宇宙望遠鏡)のガンマ線観測では、毎日、宇宙のどこかで発生する巨大なバーストを記録しているが、これらはゴジラさえ嫉妬させるだろう。


出典:NASA提供

日本を超えて世界中から認知され、今度は宇宙でその存在を知らしめることになったゴジラ。まさに日本の誇りですね!

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:prtimes / nasa

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加