2019年最初に見れる流星群、しぶんぎ座流星群が1月4日に極大を迎えるよ!


2019年、みなさんはどんな年にしたいですか?仕事を成功させたい、勉強を頑張りたい、恋人が欲しい…

様々な思いがあると思いますが、2019年1月4日(金)に極大を迎える「しぶんぎ座流星群」の星たちに願ってみませんか?

2019年の最初を飾る流星群「しぶんぎ座流星群」


しぶんぎ座流星群とは、8月のペルセウス座流星群12月のふたご座流星群と並ぶ三大流星群の一つで、毎年12月28日から1月12日頃に発生する流星群です。

今回は1月4日に極大を迎えるということで、2019年の最初を飾る流星群になります。

ちなみに「しぶんぎ座」とは、現在では存在しない「壁面四分儀(へきめんしぶんぎ)座」という星座に由来しているのだとか。

流星の出現数は年によってかなりムラがあるらしく、予想は難しいそうなのですが、通常は1時間あたり20個から50個程度出現し、多い時には1時間あたり100個程度の流星が見られた年もあるそうですよ!

しぶんぎ座流星群の観察方法


しぶんぎ座流星群の放射点は、うしかい座とりゅう座の境界付近にあり、極大時刻はだいたい日中の11時頃だそうです。

…え?それだと昼間だから見られない…

なので観測のチャンスは、放射点が上がってくる真夜中から6時頃の空が明るくなるまでなのですが、この日は新月2日前のようなので月明かりの影響が少ない好条件で観察することができるそうです。

ちょっと見づらい時間帯ではありますが、お休みで夜更かししている方、もしくは早起きしている方などはふと思い出して空を見上げてみてはいかがでしょうか。ただし非常に寒いと思われますので、防寒対策をしっかりして挑戦してみてくださいね!


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:国立天文台

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加