【シュール】有名絵画と猫がコラボしたちょっと不思議な絵画14点

誰もが見たことがある、有名な絵画に何故か太った猫が?これらの作品はロシアのアーティスト、スヴェトラーナペトロワ氏が人一倍猫が好きだったことから作品を作ったとのことです。ミスマッチ具合がちょっと笑ってしまう作品たちをご覧ください。

 

 

モナリザ(レオナルド·ダ·ヴィンチ)
fd0531211

十二夜(ダフィット・テニールス)
fd0531212

牛乳を注ぐ女(ヨハネス・フェルメール)
fd0531213

ウルビーノのヴィーナス(ティツィアーノ)
fd0531214

アメリカンゴシック(グラント・ウッド)
fd0531215

Escaping Criticism(ペールボレル·デル·カソ)
fd0531216

英雄たち(ヴィクトル・ヴァスネツォフ)
fd0531217

オランピア(エドゥアール·マネ)
fd0531218

白貂を抱く貴婦人(レオナルド·ダ·ヴィンチ)
fd0531219

記憶の固執(サルバドール·ダリ)
fd0531220

民衆を導く自由の女神(ウジェーヌ・ドラクロワ)
fd0531221

アダムの創造(ミケランジェロ)
fd0531222

ヴィーナスの誕生(サンドロ·ボッティチェッリ)
fd0531223

Whistler’s Mother(ジェームズ・マクニール・ホイッスラー)
fd0531224

 

 

出典:boredpanda.org

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事