「大きさに関係なく、命というのははかない」単細胞生物が最期を迎える瞬間の映像が悲しい

出典:Instagram(@jam_and_germs)

「大きさに関係なく、命というのははかないものだ」

そのようなコメントが添えられ、投稿された動画が反響を呼んでいます。投稿したのは、単細胞生物の研究者・jam_and_germsさん。こちらが動画に映っている「繊毛虫(せんもうちゅう)」と呼ばれる単細胞生物。

最初は上記の写真のような状態でしたが、体がバラバラに分解されていくような感じで変化していきます。

出典:Instagram(@jam_and_germs)

この生物は暗闇ではピンクの光を放ったり、元気な時にはピンクがかった色をしているそうですが、投稿された動画で見るかぎりは、そうした色を失っています。そして、命の灯が消える瞬間が少しずつ近づいているようで、体は徐々に小さくなっていきます。

出典:Instagram(@jam_and_germs)

jam_and_germsさんは、なぜこの生物が亡くなったのかは分からないと語っています。また、最期を迎える瞬間を目の当たりにし、心が傷ついたとも綴っています。

こちらが動画です。

出典:Instagram(@jam_and_germs)

肉眼では見えないほど小さい単細胞生物ですが、命の大きさに関係なく、その最期というのはとてもはかないものがあります。命について、改めて考えさせられる動画でした。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Instagram(@jam_and_germs)

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加