トンボ鉛筆「8900番」が黄色いダース箱になって70年!70周年記念限定セットが発売

出典:tombow

トンボ鉛筆「8900番」が黄色いダース箱になって70年!この歴史ある鉛筆の70周年を記念した限定セットが1月24日に発売されることになりました。

限定セットは、「THE JAPANESE CLASSIC 70th ANNIV.」と特別に刻印した鉛筆8900番6本(HB)を、70周年を迎えた黄色い紙製ダース箱の意匠をそのまま取り入れた缶ペンケースに入れました。

出典:tombow

出典:tombow

8900番は、大戦が終結した1945年の秋、最も早く鉛筆生産を再開させた当時の新製品。微粒子加工をした芯が特徴で、当時1本30銭(学習用鉛筆の約3倍)という高級鉛筆でした。

こちらが1948年のものと現在のもの。昔から変わらないデザインで、全世代の方にとって親しみのある鉛筆ですよね。

出典:tombow

周年記念限定セットには、金属缶ペンケース、8900番(HB)6本のほか、ミニリーフレット、紙スリーブも付いているそうです。

出典:tombow

日本の最長鉛筆ブランドとして、このデザインは歴史とともに、どことなく貫禄を感じます。

出典:tombow

メーカー希望小売価格は税別890円(税込961円)で、販売は13,500個の限定販売になるとのこと。1月24日の発売になります。気になる方はこの機会をぜひお見逃しなく!

この先も、ずっと受け継がれていってほしい鉛筆ですね。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:tombow

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加