天皇陛下が作詞され、皇后さまが作曲された歌を三浦大知が歌うことに!…天皇陛下のご在位30年の記念式典

2019.1.18

出典:YouTube)

天皇陛下のご在位30年の記念式典において、天皇陛下が作詞され、皇后さまが作曲された歌を、三浦大知さんが歌うことになり大きな話題となっています。

出典:Twitter(@DAICHIMIURAinfo)

1月17日、政府は春の皇位継承に向けて式典委員会の会合を開催。儀式の次第概要などを策定しました。

4月30日の天皇陛下の退位と、5月1日に新天皇が初めて国民の代表に会う儀式の参列者は、衆参両院の議長など三権の長や地方公共団体の代表など330人余りに。

また、10月に開催される祝賀パレードで使用する車は、安全性や環境性能などを重視して、トヨタ「センチュリー」のオープンカーが選ばれました。

加えて、2月24日に東京の国立劇場で開催される天皇陛下のご在位30年の記念式典における細目も決まりました。内容によると、天皇陛下が作詞され、皇后さまが作曲された歌を三浦大知さんが歌うことになりました。

【三浦大知さんのコメント】 

天皇陛下御在位三十年を記念して行われる式典の中で天皇皇后両陛下が作詞作曲された「歌声の響」を歌わせていただく事になりました。 

選んでいただいた事、両陛下の想いから生まれたとても大切な一曲を歌わせていただける事、本当に光栄です。 

天皇陛下御在位三十年のお祝いの心と感謝をもって、この楽曲に込められた素晴らしさやメッセージが聴いてくださった皆様に届くよう全身全霊で歌わせていただきます。


この大抜擢を受けて、同じ沖縄出身の今井絵理子さんをはじめ、多くのファンから様々な声が寄せられていました。





時代が変わる歴史的な瞬間に名を残すこととなった三浦さん。プレッシャーは大きいと思いますが、いつもの素晴らしい歌唱力で歌い上げてくれると思います。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@DAICHIMIURAinfo) / YouTube(三浦大知 (Daichi Miura) / DIVE! -Music Video- from “BEST”

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加