樹齢110歳以上の巨大な木 撤去する予定だったが素敵な図書館となって残されることに!

撤去される予定だったという樹齢110歳以上の巨大な木。そんな木が素敵な図書館となって残されることになり、話題となっています!

おとぎ話の世界に出てきそうな素敵な図書館ですよね。こちらは米・アイダホ州の街中にあるという大木。これほど歴史があり、そして太い木ですから何かの形で残せないか?と思うところまでは普通の考えだと思いますが、まさか図書館にしてしまおうというアイディアがあるなんて…!!

このアイディアを出したのが、アーティストでもあり図書館の職員でもあるSharaleeさん。ちなみに、図書館は誰もが使える無料の図書館だそうです。雪景色とのマッチしていますね!

デザインもすごく可愛らしいですよね。ドアの上にある木製の本など、細かい演出の部分でのこだわりを感じます。

Sharaleeさんは、前々から住民が自分の本を持ち寄る無料の図書館がほしいと思っていたそうで、そのことが実現された形です。

小さな図書館ですが、温もりを感じますし、思わず立ち寄りたくなる図書館ですよね!街にも自然な感じで溶け込んでいますし、本当に素晴らしいアイディアだと思います。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Facebook(@Sharalee Armitage Howard)

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事