【勇敢】咳払いをしていたおじいさんが赤ちゃんに触れようとした!その時6歳の息子が…

近頃、インフルエンザやウィルス性腸炎が大流行していますよね。発症すると大人でもあれだけ辛いんですから、小さな子供や赤ちゃんがかかってしまったらそれはもう一大事…親御さんは注意してもし過ぎることはないと思っているのではないでしょうか?

今回ご紹介するのは、6歳の息子さんと1ヵ月の娘さんを持つささみ@6y&1m(@sasamin0905)さんの投稿。

それは、ある日の外出先で起こった出来事でした。。。

咳払いをしていたおじいさんが娘に触れようとした!その時…

お兄ちゃん、めちゃくちゃ勇敢でカッコイイ!

大切な妹を守る為、妹を触ろうとしたおじいさんに対してきちんと理由を述べたうえで「触る時は先に手を洗ってください!」と言ったお兄ちゃん。大人でも中々できることではありません。

そして、きちんと謝ってくれたおじいさんに「お願いきいてくれてありがとうございました」と言えるのも本当にすごいと思います!

しかしながら…

しかし、相手がどんな人かわからないので「ヒヤヒヤした」「気をつけなさいと言った」というささみさんの気持ちも痛いほどわかりますよね。このおじいさんが逆上するような人でなかったからよかったものの、一歩間違えばトラブルに巻き込まれていたかもしれません。

ささみさんは、この後のツイートで「本当なら親である私が制止すべきだった」という旨のツイートもされていますが、このことをきっかけに、今回どう対応すべきだったかを夫婦で話し合ったそう。

ささみさんご夫婦は、色々考えた結果「頼りにしてる事を伝えていくことは変えず、危険回避の方法をより深く教えていく」という結論に至ったとのこと。

この一連の出来事、本当に色々考えさせられますよね。これが正しい、これが正解、正論を突き通せば間違いは起きない…という世の中だったらどれだけ楽か。。。我が子の正しさや勇敢さを尊重しながら、世の中に溢れるそれとは矛盾するものについてどう教えていけばいいか。。。

ささみさんが言う通り、何年経っても試行錯誤の連続なのかもしれませんね。

あなたは、どう思いましたか?

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:twitter(@sasamin0905)

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事