【製作35年間】これが人生をかけて作った10万本の爪楊枝の超大作アートだ!

weaver-1r
芸術家スコット·ウィーバーさんが35年間かけて作った爪楊枝アートが凄いんです!!
この作品の題名は「Rolling through the bay」という名前でサンフランシスコの名所などをつなぎ合わせた形になっていて、いわば、抽象的なサンフランシスコといった感じ!
使われているのは爪楊枝だけ!その数実に約10万本!
ホントに凄いとしか言いようがないです。。。

細かい部分もほんとに凄い!
weaver-2r
weaver-new-3r
weaver-new-2r
weaver-new-1r
weaver-5r
weaver-4r
実はこの作品更にピンポン玉を中に入れて転がす事ができるんです!!
動画でピンポン玉転がすのが確認できます。更に作者のスコット·ウィーバーさんが自ら解説しているのですが、作品の横に立っているところでは、この作品の大きさに驚きます!
<動画はこちら>

35年間もの歳月を捧げた作品!
本当に好きじゃないと出来ないですよね。

出典:thisiscolossal

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事