素晴らしい対応にはもっと「お褒めの言葉」を。バス会社との心温まるメールのやりとりが話題に


素晴らしい対応にはもっと「お褒めの言葉」を。バスの運転手との心温まるメールのやりとりがTwitterで話題となっているのでご紹介します!

日々の暮らしの中で、私達は様々な接客を受けています。接客業でありがちなもののひとつがクレームですが、「お褒めの言葉」をサービス提供者に伝えることはあまりないのではないかと思います。

今回反響を呼んでいるツイートはこちら。投稿されたのは、Twitterユーザーのはつゆき@H_2yUKiさんです。


こちらが、はつゆき@H_2yUKiさんがバス会社にお送りしたメール。

ご意見・ご要望 
XX駅南口から△△駅北口行きの終バスを、2月15日金曜日に利用。□□まで利用しました。 
運転手の乗客への声かけが素晴らしい。 

「夜遅くまで通勤通学お疲れ様です」や、バスを降りる乗客への「後ろから自転車が来ております、お気をつけてお降り下さい」の声かけは感動すら覚えた。 

他社へのお礼や指差呼称もキッチリ行っていて気持ち良かったです。 
これからも頑張って下さい。



それに対するバス会社からの返信です。

平素より西武バスをご利用下さいまして誠に有難うございます。この度、頂戴いたしました内容を当日乗務しておりました乗務員○○に早速伝えましたところ「本当に嬉しく思います。夜遅く、お疲れのお客様が多数お乗りになられていたので少しでも気分良くご帰宅頂ける様、またお疲れですので特に降車時には気をつけて頂くようご案内させていただきました。今回のお褒めの言葉を励みに今後も頑張ります」とのコメントが有りました。 

日頃より、お客様から様々なご意見を頂戴しておりますが、その中でもお褒めの言葉を頂戴するということは僅かであり、管理者としても大変嬉しく思っております。 

今後、この事例を活かし他の乗務員に広めていくよう努めて参ります。この度は大変貴重なお言葉をちょうだいいたしまして有難うございました。今後も引き続き、西武バスをご愛顧賜りますようお願い申し上げます。





「お褒め一つで本当に報われた気持ちになれて嬉しかった」。この言葉が胸に響きます。どれだけ辛く苦しい仕事でも、お客様からのお褒めの言葉をいただけると、「また頑張ろう」という気持ちになれますよね。

今回のツイートには多くの反響が寄せられていました。





人が人を素直に褒めることのできる社会。いつでもどこでも、感謝の気持ちを忘れないでいたいですね。

「ありがとう」や「頑張ってください」というさりげない言葉のひとつが、大きなやりがいや励みとなることを改めて思い知らされました。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@H_2yUK)

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加