【平成ジャンプ】昭和の時代にミスって5,000冊購入した注文請書、令和になったいまも使い続ける


昭和→平成→令和にわたって使い続けているものはありますか?

山梨銘菓「信玄餅」の製造販売をしている老舗の和菓子屋『金精軒(きんせいけん)』さんは、40年以上前の昭和の時代に購入した注文請書を、令和になったいまも使い続けているそうなのですが、その理由がものすごい桁数の発注ミスだったのです!

そんな金精軒さんのツイートが話題になっています!



注文請書に「昭和」って書いてありますねぇ(笑)ちなみに現社長の奥様が嫁ぐ前から使っているのだとか。

もう3時代目に突入してしまいましたが、ぜひ令和で使い切ってほしいですね!

投稿に寄せられた声


時代も変わり、地名も変わり、訂正箇所が多くて大変かもしれませんが、さらに繁盛して無事使い切ることができますように!

金精軒 – 公式サイト


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@kinseiken_jp)

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加