【注意喚起】案外身近な場所にも植えてある…毒性が凄まじい『夾竹桃(きょうちくとう)』に要注意!


綺麗な花を咲かせることでも知られている『夾竹桃(きょうちくとう)』。しかし、その見た目とは裏腹に、毒性が凄まじいことがTwitterで話題となっています!

千葉県の君津・木更津で養蜂を営まれている養蜂提督忍者指揮官クロカモ(@kuro_kamo)さんがツイートしています。





夾竹桃は、6月より残暑の頃である9月まで開花。ピンク、黄色、白など多数の園芸品種があります。見た目は綺麗ですが、強い毒性があり、野外活動の際に調理に使用したり家畜が食べたりしないように細心の注意が必要です!

養蜂提督忍者指揮官クロカモさんのツイートは続きます。


確かに、身近な場所に植えてあるというところが要注意ですね!綺麗な花であるがゆえ、子供やペットが知らず知らずのうちに触ったりするケースは普通に考えられます。

この一連のツイートに対しては、とても多くの反響が寄せられていました。

寄せられていた声


これから気温も上昇し、梅雨が終われば本格的な夏のレジャーシーズンに突入します。キャンプなどアウトドアで活動する時間帯も多くなりますし、夾竹桃には要注意ですね!

夾竹桃のことは知っていても、ここまで毒性の強い花だとは思わなかったという方、また全く知らなかった…という方も多いと思います。知人・友人にもぜひ教えてあげてください!

FUNDOでは以前にも、身近な場所に咲いている美しい花「キョウチクトウ」… 実は強い毒を持つ超危険な植物だった!という夾竹桃の記事を投稿しています。こちらも併せてチェックしてみてくださいね。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@kuro_kamo)

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加