国際宇宙ステーションへの民間人の滞在を、早ければ2020年から開始!NASAが発表

2019.6.11

出典:wikipedia.org

米航空宇宙局(NASA)が、国際宇宙ステーション(ISS)への民間人の滞在を、早ければ2020年から開始すると発表!壮大なプロジェクトが大きな話題となっています!

旅行費用は1人50億円超

NASAは6月7日、旅行費用を支払った民間人ISSに滞在させる事業を発表しました。

地球との往復には、米スペースXとボーイングが開発中の商業用の新型宇宙船(NASAの承認が必要)を使うとのこと。宇宙観光での利用も想定されていますが、旅行費用は1人50億円超になると見込まれています。


民間人をISSへ送り出すのは毎年最多2回で、最長30日間の滞在になるそうです。ISSへの滞在を希望される方は、NASAが規定する厳しい医学面での基準をクリアし、ISSの訓練をこなさなければならないとのこと。

出典:wikipedia.org

民間人を滞在させる事業は、ISSにある米国の実験室内のみで進められている研究・開発作業の範囲を越えた、商業活動の拡大を目的としているそうです。

宇宙はどんどん身近な存在になる?

莫大な旅行費用が必要な上、健康面や訓練など様々な条件をクリアしなければならないISSへの滞在。

確かに庶民には夢のまた夢のような話ではありますが、これから10年、20年と経つうちに、宇宙はどんどん身近な存在になっていきそうですね。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:wikipedia.org / nasa.gov / Twitter(@cnn_co_jp)

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加