レストランの貼り紙に書かれていた“休業理由”に大反響「お店に行きたくなった」「ある意味凄い宣伝」

とあるレストランの貼り紙に書かれていた“休業理由”に、「このお店に行きたくなった」「ある意味凄い宣伝だね」といった反響が寄せられるなど話題となっています!

貼り紙に書かれていた休業理由とは?

レストランが休業中の理由を見てお店に行きたくなるってどういうこと?一体どんな理由で休業していたのか気になりますよね。こちらが話題となっている、Twitterユーザーのデスラバ⑤巻7/5発売(@kai_tomohiro)さんによるツイートです。

なんと…!臨時休業している理由は、シェフが「G20大阪サミットの料理チーム」に参加することになったからだそうです。

G20大阪サミットは、大阪市で6月28、29日に開催される20カ国・地域(G20)首脳会議。各国のトップに振る舞われる料理に携われるなんて、それだけで腕の良いシェフであることが想像できますよね。

寄せられていた声

この貼り紙を見た方々からは「今度行ってみたい」といった声などが寄せられており、休業理由が宣言にもなっていました。

新たなる宣伝手法!?

お店のシャッターが閉っている際、店前に貼られている貼り紙を目にすることがあると思います。そこには「私用のため~」などと休業の理由などが書かれていると思いますが、書かれている内容がユニークだったりすると、お店への親近感を抱くきっかけになったりもしますよね。

今回のようなケースは稀ではあると思いますが、「休業」という本来であればお客さんにとっては良くない事を逆手にとる宣伝というのも面白いですね!

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@kai_tomohiro)

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事