長崎・平戸城にて日本初の「城泊」施設が2020年夏に開業へ!“キャッスルステイ”はブームとなるか!?

2019.7.17


長崎・平戸城にて、日本初の「城泊」施設が2020年夏に開業されることとなり、話題となっています!

インバウンド旅行者がターゲット

「城泊」なんて聞くだけでワクワクしてきますよね。旅好き、歴史好き、お城好きな方はもちろん、外国人観光客の方々にとってもとっても魅力的な試みだと思います。実際、欧米中心の富裕者層インバウンド旅行者をメインのターゲットとして考えているとのこと。

この取り組みは、長崎県平戸市、百戦錬磨グループ、アトリエ・天工人、JALの各社が協定を締結することで推進。東京五輪の開催される2020年夏の開業を目指しているそうです。

出典:prtimes.jp

懐柔櫓を宿泊施設化

平戸市は、長崎県最北端の市として日本最古の南蛮貿易の拠点となった城下町。そんな平戸のシンボルともいえる平戸城の大規模改修に合わせ、海に面した絶好のロケーションである懐柔櫓を宿泊施設化するための公募が行われたそうです。

これは、2017年に平戸市が百戦錬磨と共同で「平戸城キャッスルステイ無料宿泊イベント」を実施し、国内外の約7500組の応募を獲得、その後の平戸市の欧米圏の観光集客に寄与したことから着想されたものだといいます。

こちらが現在、倉庫となっている平戸城の櫓の一つ「懐柔櫓」。城の宿泊施設としてリニューアルする予定です。面積は126.84㎡、延床面積(1階 86.25㎡、2階 40.59㎡)。

出典:prtimes.jp

場所はこちらになります。すぐそばに平戸城があり、海に面していることも分かりますね。

出典:prtimes.jp

「城泊アンバサダー」を国内外より募集

2020年の開業に先駆け、「城泊」の魅力を発信する「城泊アンバサダー」を国内外より募集中とのこと。登録すると、抽選で5組に開業前の無料宿泊イベントが当たるそうです。気になる方は、ぜひこの機会に応募してみてください!

応募専用サイト – STAY JAPAN アンバサダー募集

そのほかの特典としては、定期的な「城泊」の情報提供や、百戦錬磨の運営するユニークステイの予約サイト「STAY JAPAN」の全施設で使える5%OFFクーポンなどもあるようです。

今後、「城泊」(キャッスルステイ)がブームとなるのか!?気になるところですね!

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:prtimes.jp

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加