これは見逃せない!三大流星群のひとつ「ペルセウス座流星群」が8月13日に極大に!

2019.8.5


三大流星群のひとつ「ペルセウス座流星群」と言えば、年間でも常に1、2を争う数を誇る流星群です。そんな注目のペルセウス座流星群が8月13日に極大に!

当日は夏休みでお出かけ中の方も、ご自宅にいるという方もこのチャンスは見逃せません!

極大は8月13日16時頃か!?

そもそも流星群の極大とは、流星群自体の活動が最も活発になること、またはその時期のことを指します。

今年のペルセウス座流星群の活動は、8月13日16時頃に極大を迎えると予想されています。今年は8月15日が満月のため、明るい月明かりの影響がほぼ一晩中続くそうです。明るいということは当然星も見つけにくくなり、流星を観察するには良くない条件です…。


条件の良い時間帯は?

それでも条件の良い時間帯がないわけではありません。13日朝の薄明前のほんの短い時間がそれにあたります。普段より多くの流星が見られるのは、11日の夜から13日の夜までの3夜ほどだそうです。いずれの夜も、夜半頃から流星が出現するようになり、薄明の始まりに近づくにつれて流星数が多くなると予想されています。

出典:国立天文台

8月13日の未明、月が沈んだ後から薄明が始まる前の1時間程度は、空が暗ければ1時間あたり30個にも及ぶ流星を見られるかもしれません。月明かりの影響をあまり受けずにすみ、空もまだ明るくなり始めていないためです。ちなみに、東京では2時30分頃から3時30分頃がこの時間帯にあたります。

各地での時刻はこよみの計算でチェックしてみてくださいね。

最低でも15分程は観察を!

明るい流星は、どんなタイミングで出現するか定かではありません。そのため、できるだけ長く観察し続けることをオススメします!

流星は、放射点を中心に放射状に出現するのが特長。放射点の周辺だけでなく、どちらの方向にも現れるため、特定の方向にとらわれずに空の広い範囲を見渡すのがベターです。目が空の暗さに慣れるまで最低でも15分ほどかかると思うので、まずは15分程の観察で流星を見つけられるかどうか?が最初のポイントになりそうです。

ペルセウス座流星群を見ることができたら、夏休みの最高の思い出になりそうですね!

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:国立天文台 / wikipedia.org

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加