体重11.8キロの巨大な保護猫がTwitterで大反響!結果、里親が見つかる

とんでもない大きさのこのニャンコ。なんと体重が11.8キロもあるというから驚きです・・。

保護施設で保護されているのですが、Twitterで写真などと併せて里親を募集したところ、瞬く間に拡散されて話題に。晴れて里親が見つかったとのことです。

3000世帯以上から申込み

こちらのニャンコは、米フィラデルフィアの保護施設「モリス・アニマル・レフュージ」で保護されているビージェイくん(2歳・オス)。大きな体はもちろん、けだるそうな表情などが注目を集め、里親募集に対して3000世帯以上からの申込みがあったそうです。

けだるそうな表情といえばそうですが、どこか悲しげな表情にも見えます。

そして、抱きかかえている同施設のスタッフの方と比較して分かるように、とんでもない大きさですよね・・めちゃめちゃ重そうです。しかも、まだ2歳というから驚きです。

これだけの大きさなので、発見当時はイエネコの中でも大きな品種のひとつであるメインクーンではないか?とされていたそうですが、どうやらアメリカンショートヘアだったそうです。

健康や行動に問題が・・

ちなみに、ビージェイくんを獣医師が診察したところ、健康や行動の面で問題を抱えていることが判明し、このような猫を育てた経験のある里親に引き取ってもらうことになったそうです。

これからもっと大きくなっていくのでしょうか・・。いずれにせよ、今後のビージェイくんが幸せな毎日を送れることを願っています!

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@MorrisAnimal)

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事