「胃腸炎だから我慢するしかない」と言われるも、盲腸が破裂寸前だった出来事が話題に

2019.9.7


最初の病院で診断された結果が、別の病院で診てもらったら違っていた・・。そんな経験をお持ちの方は多いかと思います。

今回話題となっているのは、「胃腸炎だから我慢するしかない」と言われ、その後に我慢し続けていた結果、実は盲腸が破裂寸前になっていたという出来事です。

我慢できないほどの痛みに襲われる


投稿されたのは、イラストレーターの夏野みか(@72no3can)さん。発症してから盲腸と診断され手術するまでの過程を漫画で描かれています。





胃腸炎と当初は診断されるも、あまりにも痛みがおさまらずに盲腸が破裂寸前だったという夏野さん。

最終的には破裂寸前の段階でくい止めることができて不幸中の幸いかと思いますが、改めてセカンドオピニオンの大切さを感じますね。また、ご家族の協力がなかったら・・と思うとゾッとします。

同じ様な経験をした方などから共感の声


この出来事に対しては、夏野さんと同じ様な経験をされた方からの声など多くの反響が寄せられていました。


自分の体は自分で守る


頼りになるのがお医者さんですが、今回のようにどうしても見落としてしまうことはあると思います。

夏野さんは、「腹痛を訴える患者に対し、必ず盲腸を連想してもらうなどどうか対策を練ってもらいたい」というツイートもされています。

今回の出来事を通じて、改めてお医者さんや病気との向き合い方を考えさせられました。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@72no3can)

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加