『なぜか部屋の片づけが途中で終わる』ことを表した図に共感の声「全部あるあるでした」

2019.9.17


部屋を片付けようと思ったのはいいものの、その後何かがきっかけで、結局片付けが終わらないということってありますよね?

例えば、卒業アルバムが出てきて懐かしんで見入ってしまったり・・昔買った本が出てきて読み込んでしまったり・・(笑)

今回は、そんな「なぜか部屋の片づけが途中で終わる」ことを分かりやすく表した図解が話題になっているのでご紹介します!

部屋の片付けにはハードルがいっぱい!?


投稿されたのは、鬱や発達障害によって離職した人のための「キズキビジネスカレッジ」を運営されている林田絵美(@lin_douob)さんです。


いかがでしたでしょうか!?どれもこれも「あるある」ですよね(笑)。

筆者も過去に、いざ部屋を片付けよう!と意気込んだまではよかったのですが、開始直後に懐かしい写真がたくさん入ったアルバムを見つけ、それを見ていたら片付けが終わらなくなった・・という経験があります。

多くの方々が、上記のフローのどこかしらに当てはまるのではないでしょうか!?

共感の声が多数


この図解に対しては、「全部あるあるでした」といった声など、多くの共感の声が寄せられていました。


確かにアルバムと漫画を見てしまうと、それだけで何時間も経ってしまい、本来の目的が達成されないままになりそうですね。

片付けは頭がすっきりする


部屋を片付けたりする時間が日頃は忙しくて無い・・という方はとても多いと思います。ちょこちょこ片付けているつもりでも、なかなか部屋全体の整理までは及びませんよね。

それでも部屋全体を整理できると、精神的な部分ですっきりしますし、何がどこにあるかを把握できていれば、日常生活もより快適になりそうですよね。今回紹介されている図解に書かれていることを逆にしないように心がければ、うまい具合に片付けが進むかもしれませんね!

ちなみに林田さんは、キズキビジネスカレッジという鬱・発達障害の方向けのキャリア形成支援をされており、以下のようなツイートもされています。


「ちゃんと片付けできるようになりなさい」では根本的な解決にならない というのは何となく分かる気がしますね!興味のある方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@lin_douob)

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加