自分が『スネ夫だった頃』を描いた漫画に反響「胸に刺さった、 めっちゃわかる」

2019.11.2


ドラえもんのキャラクターとしてお馴染みのスネ夫。いつもジャイアンと行動を共にし、ジャイアンを引き立てているイメージがあるかと思います。

今回Twitterで話題となっているのは、過去の自分をスネ夫に照らし合わせて表現した漫画です。



私がスネ夫だった頃の話


投稿されたのは、隔週ペースで新作漫画を描かれているというよこせ(@fudekichi453)さん。こちらが多くの反響を呼んでいる作品です。


いかがでしたでしょうか。自分自身もスネ夫のように振る舞っているという方は、まるで自分のことのようにも感じるのではないでしょうか。

打算的な考えを持ってジャイアンに接するスネ夫ですが、ジャイアンにとってスネ夫は心と心を通わせた大切な仲間。スネ夫はどこかにうしろめたさを感じつつも、平穏を保つためにもジャイアンと表向きは仲良くし続ける。

これは子供社会でも大人社会でも相通じるものがありますよね。

とても共感できる作品


この漫画に対しては、共感の声や感動の声が多数寄せられていました。





ジャイアン篇にも期待


よこせさんは、今回のスネ夫の漫画に多くの反響があったことを受け、ジャイアン篇の制作にも着手されることを示唆されています。

ドラえもんのキャラクターという、誰もがその性格を想像しやすいキャラクターをモチーフとしていることで、より伝わりやすい作品となっていますよね。ジャイアン篇の公開も期待したいですね!

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@fudekichi453)

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加