痛みに苦しんでいることを知ってほしい・・折れ耳のスコティッシュに関する獣医のツイートに反響

2019.11.6


可愛い見た目はもちろん、穏やかな性格や愛らしい仕草で人気のスコティッシュ・フォールド。

そんなスコティッシュの折れ耳に関する獣医さんのツイートが、Twitterで反響を呼んでいます。



折れ耳のスコティッシュは・・


投稿されたのは、臨床獣医の獣医にゃんとす(@nyantostos)さん。研究の力により、不治の病に苦しむ犬・猫を救いたいと日々至力されているそうです。

そして、こちらが今回話題となっているツイートです。


可愛い見た目に目がいきがちですが、その裏では痛みに苦しんでいるという事実・・。この写真のように座る姿を見たことがある人も多いと思いますが、痛む関節に体重がかからないようにと考えた結果だったのですね。

獣医にゃんとすさんのツイートは続きます。


この事実を知らない方がたくさんいるとのこと。負担がかからないように、日頃からのケアが大切であると説いています。

その後も、獣医にゃんとすさんから、この事に関して詳細な情報が発信されています。


「スコティッシュの穏やかでおとなしい性格は、実は関節炎のせいかもしれないという話さえあります」と綴られていますが、それが事実だとしたらとても悲しいですね・・。

また、スコティッシュ以外の猫も関節炎を発症するケースがあるとして、フォロワーに注意喚起しています。

この一連のツイートに対しては、スコティッシュを飼われている方をはじめ、多くの声が寄せられていました。

寄せられていた声


「可愛いには犠牲あり」という言葉が響きます。そして、猫に負担を強いる品種改良は確かに良くないですね。




飼い主さん向けに有益な情報を発信


獣医にゃんとすさんはご自身のTwitterで、最新の獣医学研究のほか、飼い主さん向けに有益な情報を随時配信されています。最近は猫の情報を主に配信されているそうです。

飼い主が気づかないだけで、猫は痛みに苦しんでいたり、我慢していたりといったことが往々にしてあるかと思います。獣医にゃんとすさんのTwitterアカウントで情報を積極的に収集するなど、それなりの知識を備えておくことが必要ですね。

獣医にゃんとすさんのTwitterアカウント

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@nyantostos)

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加