近寄って見て分かった驚愕の正体が話題に!壮絶な最期を遂げたカエルかと思ったら・・

一瞬何かに見えたものが、実は全然違うものだった・・そのような経験は、多くの方が日々の暮らしの中でされているかと思います。

今回Twitterで話題となっているのは、壮絶な最期を遂げたカエルかと思ったら全く違うものだったという事案です。

遠目から見るとカエルにしか見えないが・・

投稿されたのは、Twitterユーザーのをぬ(@wowwowwonunu)さん。こちらが反響を呼んでいるツイートです。

確かに、カエルがどうにかなってしまったように見えます。

しかし、近寄って見ると・・

なんと、よくよく見てみるとカエルではなく白菜の切れ端!!ちぢれ具合がカエルの足に見えていたのですね・・。

これは唖然としてしまいますよね。落ちている場所も場所ですし、くたっとした感じからは残念ながら力尽きてしまったカエルに見えていましたが、白菜というまさかのオチでした(笑)

自分にもそう見えました

この写真に対しては、をぬさん同様にカエルに見えたという声など、様々な反響が寄せられていました。

確かに、白菜の亡骸という言い方もできるかもしれませんね。

勘違いすることは、よくある

FUNDOでは過去に、今回のように思わず勘違いしてしまったというものを記事でご紹介しています。併せてチェックしてみてくださいね!

牛肉が落ちていると思ったら、スカーフだった!思わず目を疑ってしまう勘違い【9選】

これはさすがに気づかない!?カーディーラーからと思ったら「やよい軒」だった

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@wowwowwonunu)

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事