一年の締めくくりに・・日本全国で見られる「部分日食」が見逃せない!シミュレーション動画も必見

2019年1月6日に日本全国で見ることができた「部分日食」が、一年の締めくくりとなる12月26日(木)にも見られます!

そんな部分日食の見え方や、見られる時間帯などをご紹介します。

東日本や北日本では「日入帯食」に

日食は月が太陽の前を通過することで起きる現象で、月によって太陽の一部(または全部)が隠されます。日本全国で部分日食が起こるのは12月26日の午後です。※世界の一部地域では、金環食が起こるそうです。

ちなみに、東日本や北日本では、太陽が欠けたまま日の入りとなる「日入帯食(にちにゅうたいしょく)」になるとのこと。以下のイラストは、時間帯ごとの東京での見え方になります。


出典:国立天文台

安全な方法で観察を!

肉眼で直接太陽を見ると、たとえ短い時間であっても目を痛めてしまう可能性があるので要注意です。太陽が欠けていても、太陽が地平線に近づいて光が弱くなったように感じたとしても、光と熱が強いことには変わりありません。

「自分は大丈夫だろう」と甘く考えずに、日食グラスなど専用の観察器具を使うなど安全な方法で観察をするようにしましょう!対策方法は、以下のサイトを参考にしてみてください。

日食の「観察のしかた」- 国立天文台公式サイト

また、日本国内の主要地点における日食予報は、下記の通りです。地域によって大きく時間がずれているわけではありませんが、より良く観察したいという方は当該地域をチェックしてみてください。


出典:国立天文台

上記以外の地域の予報を知りたいという方は、こちらをご参照ください。

日食各地予報 - 国立天文台暦計算室サイト

シミュレーションも必見!

こちらは、アストロアーツが公開している動画。天文ソフト「ステラナビゲータ」により札幌・東京・那覇で日食を見た様子をシミュレーションしており、地域による欠け方の違いを把握することができます。

ご興味のある方は、事前にチェックしておくことをオススメします。今年最後に見られる部分日食を、ぜひお見逃しなく!

動画はこちら

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:国立天文台 / YouTube(2019年12月26日 部分日食のシミュレーション(札幌・東京・那覇での見え方))

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事