30年間稼働している餅つき機、丈夫だなーと思ったがよく考えてみたら・・

2020.1.3


お正月になると無性に食べたくなるのがお餅。もちろんお供え餅を飾ったり、元日の朝にお雑煮を食べるのは昔からの日本の風習ですが、それ以外にもなぜか冬になると「あのお餅の味が恋しい~!」となる人も多いのではないでしょうか?

毎年自宅でお餅をつくのが年末の恒例行事というご家庭では、あの機械が一年に一度の晴れ舞台を待っているかもしれません。

ずいぶん丈夫だと思ったけど・・・


自分の家でついた、つきたてのお餅の美味しさと言ったらもう。ちゃちゃっと丸めてきなこや納豆、ごまやあんこをからめて食べると絶品ですよね。

そんな家庭でのお餅つきに、フル回転で大活躍してくれるのが餅つき機です。昔の家のように杵と臼で餅つきをするような広い場所も、人手も、それに時間も無くなってしまった現代、黙々とお餅をつき続けてくれる餅つき機はありがた~い存在です。

そんな中、Twitterユーザーのヤギの人(@yusai00)さんのご家庭でも、毎年年末になると餅つき機が頑張ってくれているそうですが・・・。


なるほど、言われてみると年数は長くても回数の面から考えると妥当なのかと・・・。

でもそんなヤギの人さんに対して寄せられたリプライがこちらです。


確かに使用頻度は少なくても、経年劣化にも耐えて30年も力強く働いてくれているのはすごいことですよね。

この他にもヤギの人さんのツイートには、「自分の家も同じ機種!」というリプライがたくさん寄せられています。




実はかなりの人気機種だった



おお!そうなんですね!
それにしても、当時の日本の家電は本当に優秀だったとあらためて感心します。

ちなみにこの機械は、東芝の「もちっ子 AFC-287」というもののようですが、現在でももちっ子の名称は引き継がれていて、かなりコンパクトに変身、短時間でパンも作れるようにと進化しています。

今では一年中いつでも、気が向いたときに食べられるお餅ですが、やっぱり忙しい年の瀬に家族でつくお餅の美味しさは格別ですね。


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@yusai00)

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加