これってなんて魚ですか?とある漁港で取れたレアな深海魚が話題に!「キモカワコワイ・・」

海には、私たちが知らない魚がまだまだたくさんいると言われています。

今回Twitterで話題となっているのは、おそらく多くの方が見たこともないようなレアな深海魚。その姿形のインパクトも相まって反響を呼んでいました。

これってなんて魚ですか?

投稿されたのは、Twitterユーザーのsakuya(@sakuya_DomasH)さん。普段サメをもらっているという漁港で取れたものだそうです。

サメに興味があり、普段はサメの標本を作っているというsakuyaさん。硬骨魚はさっぱり分からないとのことで、なんていう魚なのかをフォロワーの方々に質問しています。

体の大きさとアンバランスな目の大きさといい、テカテカと輝いている身体といい、一度見たら忘れられないぐらいのインパクト抜群の魚です。

缶コーヒーと並べているので、なんとなく大きさがつかめますね。

ホシホウネンエソでは?

このレアな魚に対しては、魚に詳しい方から「ホシホウネンエソでは?」といった声が寄せられていました。

漁師さんの仕掛けにかかったというホシホウネンエソという魚。確かに「キモカワコワイ」という表現がしっくりくる魚ですね。

レアな深海魚

ホシホウネンエソは、太平洋東・北沖、相模湾、駿河湾、熊野灘、土佐湾、九州、小笠原諸島近海などに分布しているというレアな深海魚。水深100~350mの棚斜面に生息しているそうです。

体は左右に極端に側偏し、口は垂直。頭部と体が発光することが特徴だそうです。また、食用としては利用されていないとのこと。

海の中には知らない魚がたくさんいますよね。このホシホウネンエソという魚は、夢に出てきそうなほどのインパクトがありましたね。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@sakuya_DomasH)

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事