必要とされる所へ提供できるように・・・シャープがマスクの生産を開始!3月下旬より順次出荷予定 | FUNDO 必要とされる所へ提供できるように・・・シャープがマスクの生産を開始!3月下旬より順次出荷予定 – FUNDO

必要とされる所へ提供できるように・・・シャープがマスクの生産を開始!3月下旬より順次出荷予定

2020.3.24


シャープが3月下旬の出荷を目指し、自社の工場でマスクの生産を開始。同社の公式Twitterアカウントがその旨をツイートして反響を呼んでいます。

政府の要請に対応


新型コロナウイルスの感染拡大でマスクの品薄状態が続く中、シャープは日本政府の要請に応じて2月28日にマスクの生産を決定。

その後、短期間で準備を進めていることは報じられていましたが、この度、三重県内の液晶ディスプレイ工場においてマスクの生産を開始したことを公式Twitterアカウントが伝えています。


大手電機メーカーのシャープが、まさかのマスク生産。衛星環境の整った大きな自社工場を持っていたこともあり、政府から声が掛かったようです。そして、それに応えたシャープ。この短期間での決断と実行力には頭が下がる思いですね。

またシャープの公式アカウントでは、マスクに関する消費者からの質問にも答えています。


まずは1日に15万枚の生産ペース


こちらも同日のツイート。工場の様子などを伝えています。


まさか公式アカウントの中の方も、マスクに関するツイートをする日が来るとは思ってもみなかったでしょうね。



クリーンな感じがしますね


そんなシャープのツイートに対して、「クリーンな感じがしますね」といった声や「まずは必要な方に早くいきわたりますように」といった声が寄せられていました。

・供給が落ち着いたころに買います!まずは必要な方に早くいきわたりますように。 
 
・シャープさんのマスクって、プラズマクラスタのイメージなのか、清浄機能がありそうなクリーンな感じがしますね 笑。 
 
・箱がかわいい。まずは医療関係の方に届きますように。 
 
・この短期間で量産体制を整えるには相当な苦労があったかと思います。


シャープは、日本国内におけるマスクの安定的な供給に向けて少しでも貢献できるように・・・とリリースでコメントを発表しています。

商品名は「不織布マスク」。可能な限りマスクが必要とされるところへ提供できるよう、政府と調整中とのことで販売価格は検討中のようです。政府への納入を優先し、その後に株式会社「SHARP COCORO LIFE」のECサイトでも販売を予定しているとのこと。

SHARP COCORO LIFE – ECサイト

日本の国民が苦しい時に、本業ではないマスクの生産に乗り出してくれたシャープ。私たちは、今後何年経っても、苦しい時に助けてくれた企業のことを決して忘れてはいけないと思います。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@SHARP_JP)

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加