大手自動車メーカーが本業再開を延期し、人工呼吸器生産へ!テスラは人工呼吸器を無料配布

2020.4.1


新型コロナウイルスの感染者数は世界的に拡大。特にアメリカでは感染者・犠牲者の数が日に日に増加するなど深刻な事態に・・・。

そのような状況の中、アメリカの大手自動車メーカーが人工呼吸器の生産へ一斉に乗りだし、注目を集めています。

本業の再開は延期し、人工呼吸器生産へ


新型コロナウイルスの感染急拡大を受け、ゼネラル・モーターズ(GM)、フォード、クライスラーの米三大自動車メーカーは、現在停止中の自動車の生産再開を延期。人工呼吸器の生産を推進中です。

こちらは、フォードの公式Twitterアカウントによるツイート。FDA(アメリカ食品医薬品局)が認可した人工呼吸器を、医療機器メーカー・GE Healthcareと連携して生産していくことを伝えています。


このツイートの内容によると、電気を使用せずに空気圧で動作するよう設計されたものみたいです。

また、GMとクライスラーもフォード同様に、自動車の生産再開を延期。人工呼吸器を増産する計画を発表しました。

アメリカが誇る大手自動車メーカーが本業ではない人工呼吸器の生産へ一斉に注力する体勢を見せています。



テスラは人工呼吸器を無料で世界へ配布


一方、テスラはCEOのイーロン・マスクが自身のTwitterアカウントで、人工呼吸器に関してツイート。

FDA承認の人工呼吸器をテスラの配達地域内の世界中の病院に発送することを発表。但しその条件として、倉庫に保管するのではなく患者の治療のためにすぐに活用してほしいと伝えています。


アメリカ政府の4月1日までの発表によると、同国の感染者は16万3,539人と深刻な状況です。トランプ大統領の発言でも度々聞かれるように、いかに多くの重症患者を救うかが常々焦点となっています。

大手自動車メーカーがそのテクノロジーを生かし、一斉に人工呼吸器の生産に乗り出すという異例の事態。この難局をいかにして乗り切っていくのか、今後の動向に要注目です。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:wikipedia.org / Twitter(@elonmusk) / Twitter(@Ford)

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加